メインメニュー

お知らせ

コンプライアンスとは何か

認定コンプライアンス・オフィサー 認定コンプライアンス・アドバイザーとは

資格認定制度の概要

求められる要件

倫理要綱

試験委員名簿

本資格を推奨の企業・団体様

受験者の主な所属企業・団体様

合格者の声・勉強法アドバイス

参考図書

受験案内

コンプライアンス・オフィサー

コンプライアンス・アドバイザー

過去の試験データ

試験結果発表

資格認定手続き

通信講座

コンプライアンス総合コース

コンプライアンス基礎コース

書籍

基本テキスト

入門テキスト

公式問題集

セミナーフォーラム

研修・診断・体制構築支援

当機構について

コンプライアンス用語集

FAQ よくあるご質問

プライバシー・ポリシー

特定商取引法に関する表示事項

サイトマップ

継続研修セミナー

『若手社員や転職者へのコンプライアンス教育の着眼点』


若手社員・転職者に対するコンプライアンス教育・研修の意義、ポイントについて、実務に則して解説いたしました。

内容

若手社員や転職者へのコンプライアンス教育の着眼点

 

T.コンプライアンス教育・研修の目的
1.若手社員や転職者等への教育の必要性
2.コンプライアンスは誰のためのものなのか
3.コンプライアンスの本質から見た社会の常識、企業人の行動

U.最近の社員の意識と教育内容
1.最近の社員の就業意識、特色
 〜若手社員・転職者の特色と留意点
 〜義務と権利の感覚
2.コンプライアンス経営、自社の経営理念、倫理規範等
3.社会からの信頼に応える行動例
4.企業人として望まれる行動様式とは

V.伝わる研修のポイント
1.どのような方法が望ましいか
 〜集合研修、通信教育、オンライン学習等のメリット・デメリット
 〜理解度や実践度合いの確認方法
2.手法の適否
 〜知識・理論とケースのバランス
 〜説明の方向性(「禁止から、行動」へ)
3.部門別の重点ポイント
 〜フロント部門(営業部門等)
 〜バック部門(管理部門等)
4.講師選定のポイント
 〜社内専門家、OB、外部など講師

講師

当機構 理事 青木茂幸

 

国内350社を超える企業等に対してコンプライアンス体制の整備、内部統制構築支援等のサービスを提 供。東京大学法学部卒、三菱信託銀行・経済企画庁等を経て現職。日本内部監査協会「金融内部監査士試験委員」。公認不正検査士。企業内講演のほか、東京証券取引所、日本証券業協会、損害保険協会、第二地方銀行協会などでの講演等多数。

参加費

認定者  5,000円
一般   15,000円

日時

2011年9月29日(木) 18:30〜20:30  終了しました